新しい事業を始める|今後必要になる人材はベンチャーサポートに相談しよう

今後必要になる人材はベンチャーサポートに相談しよう

男性

新しい事業を始める

会社

合同会社

海の物とも山の物とも知れない新しい事業を始める時は、会社の組織形態を合同会社にするのが得策です。合同会社にすることで機動的に事業活動を展開させられるようになるため、上手くいけば大化けさせられる可能性が出てきます。合同会社は、会社というよりも組合に近い組織形態なのですが、欧米では古くから活用されてきた組織形態です。日本でこの形態の会社が作れるようになったのは比較的最近のことなので、まだまだ認知度が低いですが、有機的かつ迅速な活動が可能になるため、新会社を株式会社ではなく合同会社にする人が少しずつ増えてきました。株式会社の組織形態は硬直的なので、経営判断を下すのに時間がかかってしまいます。しかし、合同会社は状況の変化にスピーディーに対応することが可能なので、千載一遇のビジネスチャンスを確実に手中にすることができるようになります。

詳しく知りたい場合は

商法が大改正されて新規に有限会社を作ることができなくなった代わりに、合同会社が設立できるようになりました。合同会社は、株式会社と同様に社員の責任が有限責任になっています。ただし、株式会社よりも組織の縛りがゆるやかなので、状況に応じて柔軟な対応をとることができます。大阪でも合同会社を設立するケースがボチボチ登場してくるようになりましたが、全体から見るとまだまだ少数派です。大阪でこれから新しい事業を合同会社形態で興したいと考えている人は、大阪で営業している開業支援業者のサポートを受けるとよいです。大阪には数多くの開業支援業者がいますが、どの業者も開業支援業務のエキスパートです。合同会社のメリットやデメリットも熟知していますので、合同会社の仕組みを詳しく教えてもらうことができます。また、プロの立場から、これから始める事業が合同会社に適したものなのかどうかを判断してもらうことができます。会社の組織形態を決める段階からしっかりとサポートしてもらうことができるため、開業支援業者を利用する人が増加しています。